読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Furl can handle previous request info

https://metacpan.org/release/TOKUHIROM/Furl-2.08

Furl-2.08 で Furl::Request が取り込まれて、keep_request フラグで HTTP::Response->request 的なことができるようになりました。

my $f = Furl->new(keep_request => 1);

my $res = $f->request(...);

print "[request]\n";
print $res->request->as_http_request->as_string; # ok convert Furl::Request to HTTP::Request
print "[response]\n";
print $res->as_http_response->as_string;

他にも、Furl->request に Furl::Request が直接渡せたりします。

my $req = Furl::Request->new(GET => 'http://example.com/');
my $res = Furl->new->request($req);

request dump したい用途があって今まで LWP 使ってたんだけど、これで乗り換えられる。